家具がゆがんでる?!勾配のある床に設置した家具の扉の調整方法


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

家具を買って床においたら扉が曲がっている!
家具が歪んでいる!不良品だ!と思う前に…

勾配のある床に設置した家具の扉の調整方法
について解説します。
床勾配
お住まいの住宅の床が曲がっているなんて誰も信じません。
でもマンションの維持管理をしてきた者からみますと、
住宅の床(特にマンション)の床は水平ではありません。
水平にみえますが若干勾配がついています

そこに家具などを置きますと、当然床に沿うため
いかにも家具が曲がっているようにみえます。
家具は重力にしたがって低いほうに傾いていくので
扉などが付いていると扉も曲がってみえます。

決して不良品では無いですので驚かないで下さい。
床も欠陥とまでは言えないレベルだと思います。
玄関は水はけが良くなるために勾配が付いている住宅もあります

ただそれにより家具の見た目が歪んで見えるため
扉を調整する方法をお教えします。
まず扉がスライド蝶番で取り付けてある場合
蝶番を調整するだけで直る場合が多いです。

扉を開けて蝶番に付いている調整ネジを回すと
扉が前後左右に傾きますので、それで調整してください。

スライド丁番というのはこのような丁番です

当店でもこの丁番はよく利用します。

扉が回転ピンで取り付けてある場合は調整ができません。
その場合は低いほうの床と家具の間に新聞紙やはがきなどを
折って差し込んで家具を水平にしてください
そうすると家具が正常な状態になってまっすぐになります。

勾配のある床に設置した家具の扉の調整方法

  • 低い方の床に何かかませものをして水平にする
  • スライド丁番の家具の場合ドライバーで調整する


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ