スリムラックを自分で作る際のはじめの注意点


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

狭い隙間も有効活用するために
スリムラックを自作する際に
サイズの計測や実際に作る大きさについて
様々なポイントが有りますので4つにわけて
お話をしていきます。まずは2つの動画をどうぞ

2本めの動画です
スリムラックをDIYする際のサイズの測り方の注意点

aikonyou
⇒ 3.4の動画はこちら

スリムラックを自分で作る際の注意点

まずは設置場所に障害物がないかを確認します。
スリムラック設置時の障害物とは主に、
窓枠、巾木、コンセントカバーなどです。
その他天井までの場合は照明器具や空調などです。

障害物の有無を確認してから
サイズを測りますが動画解説でお話しているように
複数点から計測して一番幅が小さいサイズで
考えて作ります。

ぴったり丁度というのは
入らないおそれもありますし、
無理やり入れることになり壁にヨコ摺りして
壁を傷つけてしまうこともあるので
できれば1cm程小さく作ることをオススメします。

床が真っ直ぐではない場合の時も
斜めになることもございますので
出来る限り【逃げ】という余白を
残して作るようにしましょう

そして出来たすき間の埋め方については
また次の記事に記載しますので
合わせて参考にしてください。

⇒ 次の動画(3.4)記事

作り方がわからない場合は
お気軽にお問い合わせください。
ブログの上部のメニューに
お問い合わせフォームを設置しております。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ