DIY動画・ダボレールとボードアンカーを使った棚板の取付け方


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

クローゼットやキッチン、リビングなど
様々なシーンで棚板をDIYしたい方が多く
このサイトにも訪問してくださいます。

クローゼットの棚板を作る際に
ボードアンカーを使ったダボレールの取付け方を動画にしました
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

別の記事にも書きましたが
まず重要なのが取り付ける壁が石膏ボードのケースが多いので
ボードアンカーを埋め込んでダボレールを取り付ける
説明をします。

IMG_1101[1]

ボードアンカーの取り付け方

まず使用するボードアンカーの説明書に書いてある事を
よく読んでから初めてください。
石膏ボードには9ミリ、12ミリ、15ミリと3種類の厚みがあり
9ミリが壁に使われる事はほとんどありません。
壁に使うには薄すぎます。9ミリは主に天井板として使われます。

壁に使われるのは12ミリと15ミリのサイズになります。

ボードアンカーにも種類があります。下穴を開けてねじ込むタイプと
叩き込むタイプ。また、ビスをもむ事によって中で開くタイプです。
ビスをもむと中で開くタイプはボードの厚さに適した
ボードアンカーを使わないとガタが出る事があります。

どのタイプにしても
説明書に書いてある下穴のサイズの穴をボードにあけます。
それからアンカーを入れ込んで取り付けする物を
あてがってネジをねじこみます。

石膏ボードはそれ単体では穴を開けてもぼろぼろ崩れてきますが、
壁紙を貼った状態ではあまり石膏がぼろぼろ崩れる事はありません。

ボードアンカーを取り付けるポイント

ボードアンカーに適した下穴とアンカーに適したネジを使う事です。
棚柱とか最初からネジのサイズに制限のある場合は
ネジの大きさが決まっていますので、それに合うボードアンカーを
購入する必要があります。ボードの厚みを考えて決定します。

ダボレールの穴は小さいので3ミリから4ミリのネジしか使えません。
あまり大きなボードアンカーを使っても
ネジが効かなくなることがありますので注意しましょう。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ