家具職人が教えるオーダー家具(収納)を格安にする方法


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

色んな別注家具を製作した家具職人だからこそお教え出来る
オーダー家具を格安にする方法についてお話します

一般的にオーダーで注文をすると、
かなりの金額が掛かります。その背景には

設計事務所やデザイナーやゼネコンから注文を受けてから
家具の製作図面を書きそれだけの材料の手配をして、
生産の段取りに入ります。

オーダー家具の実例

この工程それぞれに人が時間を費やしているからです。

特に大きな労働時間は図面を書くこと商品を製作する事ですね。
タイトルにある「格安にする方法」ですが、
この最もお金の掛かる部分を大幅に短縮させればいいわけです。

例えば

  • ある程度図面が出来上がっている
  • ある程度材料も用意されている
  • ある程度生産の手順が判っている

それらの事を満たしていれば業者も高額の請求はしません。
よって格安でオーダー家具が作れるわけです。
そんな思い通りにいかないって思われるかも知れませんが、

収納家具で実例をあげますと
実際に当社でも通信販売のサイトではセミオーダーラックとして
すき間収納や本棚などを格安に販売しています。

通常オーダーで収納を頼みたいと思っている人は
ほぼ満足してくださっています。

用意しているサイズ表に従ってその範囲内で
自分の希望するサイズを書き込むだけで、
自分だけのオーダー棚が手に入る。それもかなりの短い納期で。

通常オーダー家具になりますと、材料手配もいれて、
生産できるまで最低でも1ヶ月は掛かります。
長い場合は2ヶ月とも言われています。
この納期が2週間以内で配達できるようにシステム化しました。

こういうオーダー家具を製作する木工所は少し増えていますが、
以前は日本でも1~2社しかいなかったです。

その理由はコストが合わないからです^^;
セミオーダーとはいえ1つ1つ作るわけなので
製作にトータル2日かかったとして、2日分の日当が
本来上乗せされないと赤字になるわけですが
格安オーダー収納としているのでそういうわけにもいきません

これで個人の手作り家具が高くなる?ことも
お分かり頂けたかと思います。実はこれが当たり前の価格なのです。
時間がかかるものほど手間代として費用もかかりますし
材料もまとめ買いではないので安く仕入れることが難しいのです。

だからオーダー家具は高いというよりもその職人の技術に
価値を見出していただければ同じ職人として嬉しいです。

話は戻りまして、

セミオーダーになると材料は決まったもので、纏めて仕入れていて
ある程度の図面を仕上げていてあとは希望のサイズになった時に
書き換えるということをしていますから通常より格安に出来るのです
製造業としての知恵や工夫があり格安を実現しているのであって
決してその販売価格のランクとしては粗悪品という事ではありません。

もちろん材料を変えたい場合やサイズも決まったもの以外だと
フルオーダーになるので価格が上がります。

オーダー家具(収納)を格安にする方法

予め材料や図面がある程度決まっているもので
サイズだけを選ぶセミオーダーラックを利用する

※セミオーダーデスクやセミオーダーカーテンも
同じような仕組みになります。

また別の記事でフルオーダーする際に
材料をコストダウンする方法についても記載していきます。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ