ネット通販で家具を購入する際の比較ポイントは?


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

ネットで物を購入することが主流になってきた昨今。
特に水などかさばるものはネットでの購入率が高いですね。

家具もその一つで自宅の玄関まで運んでくれますので、
購入者からすれば重たいものを運ばなくて良いので便利です。

ネット通販で購入した家具が自宅に届き、家の中に運んで
梱包をほどいて所定の場所に設置するわけですが、
ネットのみならず通販で売られている家具は

「ノックダウン式」といって箱に部品がばらばらに入っていて、
購入したお客様が組み立てる方式の家具が多いです。
完成品だと大きな荷物になるため送料も掛かるのですが
パーツで送ることにより輸送コストを抑えることや
組み立てる手間を省くことで値段が安くなるののです。

30年も昔からありましたが、昔はあまりなじみが無く
購入したお客様が出来上がっていると思って購入したのに、
部品が来たなんてこともありました。

カタログにはお客様組み立て式と書いているのですが
出来上がりの写真だけを見て完成品家具だと思い込む人も
多かったようです。

今ではすっかり市民権をえてかなりの人が
完成した家具か組立ての家具かの認識をされているようです。

世界的なインテリアショップのIKEAとかカタログ通販の会社が
たくさんの組立て家具を売っている時代ですから、
当然と言えば当然ですが、

ネット通販で家具を購入するときには必ず組立て式か
完成品が来るのか確認して値段を照らし合わせましょう

かなりの大型家具でも

  • 「完成品」でお届けします
  • 「開梱設置」出来ます

というサービスもあります。
実はこのサービスが商品価格に含まれている場合もあります。
大きくなればなるほど送料は高くなりますし
よく宅配業者などがおこなっている開梱設置サービスでは
人件費含め1件につき1万円以上掛かるのが通常です。

つまり開梱設置サービスで注文すると、
実際の価格より1万円以上多く払うことになるのです。
それが家具の価格に含まれているか別料金かという話ですが
別料金で1万円というリアルな数字が出ると一瞬考えてしまいますね

確かに玄関口より所定の場所に運んで欲しいですが、
1万円が高いと思うか便利をお金で買うかという事になります。

お店によっては組立てサービスをやっているところもあります。
もちろん当店でも取り入れているサービスですが
これはお客様に代わって苦手な組立てをメーカー工場でしますよ
というものです。

当店の例でいうと、下駄箱の完成品で運送会社が1人で運べる大きさで
別料金で2000円から4000円前後です。(大型は値段が変わります)

組立に何時間も掛かる人だと実際の労働時間に換算しても割安です。
家具職人が工場で組立てしているため専用工具などで
しっかり固定して組み立てますので、
自宅で男性が組み立てるより絶対にしっかりした商品が届きます。

宅配便も玄関口までしか運んでくれませんが、
玄関に置く商品でしたら問題ないですね。

  • 組み立て家具が苦手
  • 小さな子供が常に家にいる
  • 騒音が立てづらい集合住宅
  • 時間がない人

は「組立サービス」「完成品」を選ぶことをおすすめします。

DIYが好きな方はお客様組み立てで送料も低い低コストで購入して
その分、ご自身で組立を楽しみましょう

ネット通販で家具を購入する際の比較ポイントは?

完成品や開梱設置サービスの価格を便利代と考えるか
低コストに抑え自分で組立設置をするか


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ