DIY動画・ねじ山 つぶれ防止にドライバーの番手を知ろう


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

DIY動画レッスン 今回はねじ山を潰さないように
ドライバーの番手を知ろうということで解説動画を撮りました。

ドライバーといえばプラスドライバーとマイナスドライバーに
大きく分けがちですがプラスドライバーにも先端の種類があります

今回は家具に限って2種類の番手を解説しますね。

※ねじ山とかビス山とか混合してますがどちらも同じ意味です

わかりにくいかもしれませんが
ねじ山の切り込みの大きさが違うのです。
(ねじは実は細かな規格があります)

右側が#1、左側が#2です。
ねじ山 修復

家具を組み立てるときのビスは#2
ねじ山 修復

金物などの細かいビスを止めるときは#1が多いです
T字金具

ちなみに、時計などの細かいビスも
#1のドライバーを使うことが多いです。
この細かい作業が好きです。

クッと溝に合わせて垂直にグッと回す。
職人サンならわかりますよね♪

これを間違えると、溝と合わず、ビス山をなめることになり
ビス山が潰れてしまいます。
特に#2のドライバーをを使うべきところに
#1のドライバーを使う際に起こります。

参考資料

ねじ山 修復にはこのような道具があります

ねじ山を作ったり、傷んだねじ山の修正に使用する
タップアンドダイスセット。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





サブコンテンツ

このページの先頭へ