DIYの木工機械や電動工具で怪我するパターンは?


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

DIYで木工機械う使う場合に注意してほしいことは
怪我 です。

怪我をしたらDIYを楽しむところか日常生活に
支障がきたして憂鬱になりますので
怪我をする要因を想定して取り組みましょう

DIYの木工機械で怪我するパターンは?

ノコギリは前後に動かして木材を切ります。
日本のノコギリは引いて切り、西洋のノコギリは押して切ります。

日本ノコギリ↓

西洋ノコギリ↓

特に日本のノコギリを使う時は切り出しにノコギリの横歯に
指の第二関節を当てて刃物が揺れないようにして切ります。
料理で千切りをする時に手を添えるイメージです。

指とノコ歯が近いので手元が不安定の際、指を切る事があります。
作業を終った後はノコ歯が隠れるようにして片付けましょう。

電動ドライバーは刃物を付ける事はあまりありません。
しかしネジ等を止めてる時に先端が滑って
手を突いてしまう事がよくあります。
意外とこの事故が多いので気を付けましょう。

丸のこはノコが高速で回るので誰でも怖い事はわかります。
実際に大けがになる事故が多いです。一番は材料をカットしてて、
材料が動きノコ歯がかんで丸のこがはじかれ、
自分の体に向かってくる事があります。

材料を切り落とした途端に自分の脚を切断した事故もあります。
作業するときは木製の作業台の上で手足から離した状態で使います。
材料が飛ばないようにクランプで固定すると安全です。

電気鉋は一般の人はあまり使う事は少ないと思います。
高速で回るロータリー式の歯が少ししか出てない為、油断しがちです。
歯を調整するときに誤ってスイッチが入ってしまい、
手の身を削ってしまう事もあります。

サンダーはペーパーやすりの事ですが、
細かい材料を削る時に指を削ってしまう事が多いです。
擦り傷に注意が必要です。

ノミは削る道具ですが、意外と掘る事が多い工具です。
ですので手先がすべって自分の手足を怪我をする事が多いです。
良く切れるように手入れをしている工具ですから
ちょっと触れただけでも怪我をします。

刃を時折砥いでおかないと切れが悪くなり
下手な力が入り手元が滑ることもあります。

以上がざっとした怪我のパターンですがまだ色んなケースが有ります
道具は便利ですが、怪我の危険も伴います。
注意して使いましょう。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ