保育園など子供用のスタッキング組み立て椅子の作り方


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

保育園などお子様がたくさんいる場所に

必要な子供用椅子はスタッキング(積み重ね)が

できると非常に便利です。


今回はスタッキングチェアーの作り方を

簡単に解説します。
スタッキングチェアー

材料はパイン材・加工はNC加工です

椅子の材料

素人さんでも組み立てやすいように

ホゾ穴でのガイドがあります。

ビスだけでも不安定、ホゾだけでも不安定なので

お子様の椅子は強度をしっかり考えて

併用することをおすすめします。

ホゾとビス

ホゾ加工の方法は、穴あけは量産の場合

ルーターやボール盤などでしますが

自宅DIYの場合はノミで掘ります。

ほぞ取り

曲面加工は糸鋸かジグソーでできます。

そのあと手触りを滑らかにするために

ペーパー、サンダーで面を取ります。

背の部分と座を受けるつなぎをビスで取り付けます

椅子の背

このように片側から取付けます

椅子の構造

左右組み立てたらこんな骨組みになります

椅子の骨組み

あとは座を裏からビス止めをして完成です。

このように加工パーツを購入して

自分で組み立てると運送費も安くなり

コストダウン出来ますので

大量に椅子をオーダーしたい場合には

検討してみてください。

もちろん完成品を購入するのが

一番安全ですね^^

 

脚の部分が斜めになっていることで

スタッキングが出来ます。

保育園では広く部屋を使う時に

端に椅子を寄せることもあり

コンパクトに片付けられるのがメリットです。

参考にしてください。

 

※製作依頼や相談もお受けしておりますので

問い合わせフォームよりお問い合わせください

お見積りや相談は無料です。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ