賃貸でも簡単にできるDIY下駄箱の作り方とコツ


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

賃貸マンションでもサイズに見合った下駄箱が欲しい!
とお考えの方も多くいらっしゃいます。

当然…空間はめいいっぱい利用したいですよね
でも賃貸でいつ退去するかわからないからやすい下駄箱を
探し求めますよね。しかし住居によってはスペースに限りが。

更に先を考えると退去時に簡単に持ち出せるものが良いです。
今回は賃貸でも簡単にできるシューズボックスのお話です

賃貸でも出来るDIY下駄箱の作り方とコツ


パーツをシンプルにして簡単な構造にしましょう。
理由はばらしやすくするためです。

箱を作って中に棚板を何枚か入れる仕様にして
底板の下に幕板を取り付けして強度を出します。
幕板があるだけでかなり強度がでます。

壁に穴を開けないようにすれば
退去の時にクロスの補修とか考えなくてすみます。
安定の良い形状にして壁に固定しなくても
転倒の恐れのないような高さや奥行きにします。

退去時に簡単に撤去できるようにするため
組み立て式でボンドを使わなくてもL金物で組立する事が出来ます。

既製品の家具でボンドを使う仕様の下駄箱でも
木ダボを打ち込む時にボンドは使いますが、
組立時にはボンドを使わないで、
金物で横から後ろから固定すれば大丈夫です。

ボンドを使ってないので、退去時にはビ
スを緩めてパーツをバラバラにする事が出来ます。

賃貸でも出来る簡単なDIY下駄箱の作り方まとめ

パーツをシンプルにする
壁に穴を開けない(もしくはパテ埋め)
退去時に簡単に撤去できる組み立て式
(既成品でもボンドを使わずL金物を使う)

こちらも天板はダボ式ですが
ボンドを入れずにL金物で中から補強すると
強度が出ますし見た目も変わりはありません^^
アパート用シューズボックス


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ