ゴルフクラブやバックの収納どうしてますか?


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

ゴルフクラブやバックの収納どうしてますか?
物置?それとも車のトランクに入れっぱなしですか?
ゴルフクラブを大切にするためにもゴルフバック収納を
オーダーもしくはDIYしましょう
ゴルフクラブ収納

ゴルフクラブの最適な保管方法

ゴルフを本気でされる方はキャディバックを
車のトランクに乗せたままの方はいらっしゃらないと思います。
ゴルフクラブはスチール製が多いですが、
シャフトはスチールかカーボン製でグリップはゴムで出来ています。

なので、温度変化のあまりない場所での管理が必要です。
キャディバックも高価な物ですから
擦れたり当たったりしないように管理する事が必要です。

みんな欲しいと思っているキャディバックの収納庫は
探しても売っている所はありません。
そういう時は自分で作ってみましょう。

まず最初に収納する自分のキャディバックの大きさを測ります。
高さ幅奥行きを測ってそれを収納できるケースを想像します。
底の部分は硬質プラスチックで出来ていますので、
頑丈なのですが他の部分は合皮か布で出来ている事が多いので

作る収納ラックは扉をつけます。
出し入れの事を考えると底板は幕板をつけないで
底板が床に当たるように低くします。
golf1
キャディバックを収納した上には棚板を付けて
靴とか小物を収納できるようにしましょう。
玄関の廊下に置けるようにしておけば
いつでもすぐに持って出る事ができます。

裸で置いておけば家族に色々言われますが
収納庫であれば大丈夫ですよね。

底板を床に直接低く設計するという事は
強度が出にくくなるので、背板を厚くして
背板で強度を出せばしっかりした収納庫になります。

底板はバックを出し入れする時に傷がつきますので
ベタ仕様が良いです。集成材か合板にします。

フラッシュ構造では中が空洞なので
バックを置いた時に不安定になります。

以上を踏まえて図面を書きます。
前の扉が難しいなら突っ張り棒を使ってカーテン仕様でも良いです。
色は置く場所に調和が取れる色にして違和感が無いようにします。

ゴルフのスコアの良い人はキャディバックとか道具を大事にします。
道具を粗末にすることは絶対にありません。
皆さんもキャディバックをきちんと収納して
ゴルフのスコアアップをしましょう。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ