DIYリフォームに大活躍のガチャ柱の取付方法


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

ガチャ柱ってご存じですか?
DIYの棚板の作り方を調べる時に目にする人も多いですね。

ガチャ柱とは?

収納棚を作る時に、自由に棚の高さを変えることができる
可動棚を設置する際に使用する棚受けレールのことです。
ブラケットを棚に取付け可動棚にします。
主に、業界では棚柱と呼ばれます。

豊富なサイズから選べる棚柱(ガチャ柱)は
店舗のディスプレイ棚にも最適です。
現場工事でもロイヤルの棚柱は耐荷重に合わせて使用していました。


ロイヤルの棚柱はとても高級で強度もかなりあります。
しかし取り付けがいい加減だと棚柱が使用中に外れる事も…
ガチャ柱に取りつけは下地の確認して長めのビスで
しっかりと取り付ける事が大切です。

石膏ボードの際にはボードアンカーを取り付けることを
忘れないようにして下さい。耐荷重があっても
レール自体がしっかりついていないと前傾してしまいます。

あまり一般にはなじみの無い部品ですが
店舗什器の陳列棚では昔から使われていますので
どこか店舗に行かれた際には商品展示棚を興味深く見てください。

ほとんどが壁に埋め込んで取り付けてあると思います。
ホームセンターなどは棚柱とラックが一体型になった
店舗什器を使っています。スチール製の什器ですので
自宅で使うのは安っぽくなるのがデメリットです

木製で棚柱を埋め込んで使うと高級ブティックのような
ディスプレイ什器になって良いですよ

ブラケットタイプは棚柱が2本平行に取りつけされていないと
ブラケットを取り付けた時にゆがむのでフックが掛けれないことも
ありえますので平行に取り付ける注意が絶対に必要です。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





サブコンテンツ

このページの先頭へ