職人コラム9・造作家具は大工の仕事?家具職人?


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

建築現場にいくと様々な職人がいます
大工さん、左官屋さん、クロス屋さん、水道屋さん
鉄筋屋さん、型枠大工さん、家具職人と

それぞれが特化して仕事をこなし一つの物件が仕上がっていきます。
その中で大工さんは家具も作れるということを
多くの方が思いますが大工は大工さん家具は家具職人と
仕事に分かれますが微妙なケースが造作家具です

造作家具は大工の仕事?家具職人?

それぞれの得意な技術、造作がありますので
、例えばカウンターなどは大工さんが作ることが多いです。
カウンターと言っても土台を含めた部分です。

カウンタートップの部分だけなら家具職人の工事でもやります。
実際に当社も病院のカウンター工事を手がけました。
その時は下地がコンクリートで出来ていましたので、
上にカウンタートップを取りつけする工事でした。

これがコンクリート下地ではなく木下地になると、
大工さんの受け持ちだと思います。

押入れの工事の場合は木下地で押入れ、
クローゼットを作る場合は大工さんの工事です。
マンションなどで石膏ボードで壁が出来上がっていて
クロスなどが貼ってある場合は家具職人の工事です。
あとは棚板などを取りつけするだけですから。

新築で1戸建てを造る場合はほとんどの工事を大工さんが行います。
もちろん壁紙はクロス屋さんとか電気は電気工事業とかですが、
フローリング工事は大工さんです。

マンションの場合は家具職人が行う場合もあります。
新築の一戸建ての場合はほとんど家具がありませんので、
家具職人が工事に参加する事はありません。

トイレに棚をつけるのも押入れに棚をつけるのも
ほとんど大工さんが行います。
なので細かい造作で違和感が出てくる場合もあります。

例えばみえる部分に生地そのままの材料で
造り付けたりすることもあります。

家具職人は家本体を作る事はありませんが、
家に造り付ける家具は一緒に工事に参加して1軒の家を造っていきます。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ