カラーボックスを下駄箱にする際の注意点と解決策


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

プチプライス(格安)インテリアとして
カラーボックスが多用されるなか、
当然下駄箱もカラーボックスにしようと
お考えの方は多くいらっしゃいます。

しかし激安でDIYのシューズボックスにするつもりが
満足度の低い下駄箱になることもあります。

カラーボックスを下駄箱にする際の注意点と解決策
をお話します

カラーボックスは大抵3段タイプが多いのですが
棚板は固定になっています。
そのため棚板を自由に可動させる事ができません。

実際に靴を入れたらわかりますが無駄なスペースができます。
結局靴がたくさん収納できないです。
そこで上手に使う為に100円ショップなどで売っている
段ボールの収納箱とかバスケットを用意すると
上手にカラーボックスを下駄箱として使う事ができます。

プラスティックの靴ホルダー↓も良いです。

しかしそうやって付属品を買い足すと
カラーボックス並みの価格で棚板が移動できる家具を
買うほうが楽チンで綺麗に収納出来ることもあるので

カラーボックスのサイズと収納量を計算した方がいいですね
こちらのオープンラックは3,2cmピッチで棚板が動かせるので
下にはロングブーツ、上にはローヒールなど収納出来ます

カラーボックス下駄箱

カラーボックスを下駄箱にする際の注意点と解決策

棚板と棚板のスペースが広すぎるため無駄な空間が空く

↓解決策
シューズホルダーで補う
可動棚式のカラーボックスを選ぶを買う
100円ショップでも買える収納小箱やバスケットを準備する


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ