カラーボックスDIYで塗装ができません


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

カラーボックスをDIYでリメイクするのに、好きな色を塗ろうと塗料を買って塗装をしてみたのですが、木に色がうまく塗れません。なぜでしょうか?

というご相談メールをいただきました。

カラーボックスDIYで塗装ができませんについて


材質などが記載されていないので、憶測の回答になりますが、市販されているカラーボックスの材質はMDFにプリント紙を貼ったものが使われることが多く、

そのプリント紙は木目であると、知らない方からすると無垢の木を使っているように思うかもしれませんが、木目のプリントをした紙でをMDFに貼っているのでそのプリント紙にコーティングがしていると塗装を弾いてしまいます。

その場合、まずは紙やすりやサンダーで表面のプリント化粧紙を剥がしMDFの下地を出しそれから塗装します。

しかしMDFは塗料を旧憂愁しやすいことと、茶色ですのでそのまま1度塗っただけでは塗った塗料のそのままの色にはならず暗い感じになります。

まず下地の目止めをすること、もしくは重ね塗りをすることが必要になりますのでカラーボックスを塗装する場合にはまず材質の確認、そして塗装のやり方に関してはMDFの塗装方法などで検索してみてください。

表面がプリント化粧板でも下地がMDFではないこともあります。例えばベニヤ板の場合でも同じく塗装方法を調べて見合った塗料を準備しましょう。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





サブコンテンツ

このページの先頭へ