クローゼットの棚板DIYの方法とダボレールの取り付け方


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

クローゼットの棚板DIYの方法と
ダボレールの取り付け方をお話します。

今回はクローゼットの中に柱があり既成品の棚がなく
自作する方法を例にあげて記載します。

クローゼットリフォーム
棚板が長方形にならないで一部切り欠く形になります。
クローゼットの棚板を作る際に
ボードアンカーを使ったダボレールの取付け方を動画にしました
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

物を置いた時の強度を考えて、
どこにダボレールを付けるか考えておきます。
ダボレールはホームセンターで購入できますが、
通常4本で1セットになりますので、同じ長さが4本必要です。
棚板を上下に移動させる事を考えてダボレールの長さを決定します。

棚板を取り付ける場所の寸法を測るとき
ダボレールの厚みを差し引いて計算します。
ダボレール取り付け

ダボレール棚柱
棚板の切り欠きなどが出来たら一度クローゼットの中に入れて
形状が良いか合わせてみて棚のサイズが合うようでしたら
実際に取り付けをしていきましょう

棚板 作り方

ダボレールを取り付けする壁は今回は石膏ボードで説明します。
ビスが効くようにボード専用アンカーを壁に取り付けします。

ボードアンカー

この際ダボレールの取り付け予定の穴位置と合うように、
位置だしをして印を付けてから壁に穴を開けると失敗が無いです。

ボードアンカー取り付け方

ボードアンカーを取り付けする時は必ずドリルで壁に下穴を開けて
ボードアンカーをねじ込みます。

石膏ボードアンカー

ボードアンカーの取り付けが出来たらダボレールを取り付けます。
高さとか取り付け穴を良く確認して取り付けます。

ダボレール取り付け方

ダボレールを4本使って取り付けしますので、
それぞれのダボレールの高さに注意して取り付けします。

クローゼットDIY

ダボレールの取り付けビスを全部取り付けしないで
一度棚板を入れて棚板のサイズとかダボレールの取り付けが
正しいか確認をします。
確認が出来たらダボレールの取り付けネジを全部取り付けします。

クローゼット棚板

 

クローゼットの棚板を作る際の注意点

ダボレールの厚みを考えて採寸する
石膏ボードの壁の場合はボードアンカーを使用する

 

わからないことなどあればお問い合わせ下さい


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





サブコンテンツ

このページの先頭へ