アパート用下駄箱を選ぶ際の8つのポイント


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

アパートに引越して玄関に下駄箱がない!という方に
アパート用・賃貸マンション用のシューズボックスを
選ぶ際のポイントをお話します。

賃貸のためいつ退去するかわからないので
オーダー下駄箱までする必要はなく
かといってDIYで壁に穴を開けることが出来ない物件も。
ですからアパート用・賃貸マンションの場合は
既成品のシューズボックスを購入されることをおすすめします。

アパート用下駄箱を選ぶ際のポイント

玄関は部屋の第一印象ですので少しでも広く見せることが
出来るだけでスッキリしたイメージがつきます。
アパートの玄関スペースは狭いことが多いですが
狭い玄関スペースであっても商品によっては
広く見せることもできます。当店の商品を例に出します

背の高く無い下駄箱を選ぶ事によって、
玄関が広く感じる事ができます。
圧迫感のない下駄箱はやはり高さの低い商品を選べば
心理的な圧迫感は無くなります。

↓市営住宅にちょうど合うサイズだと選ばれています
アパート用シューズボックス
※幅は75cmです。

薄型のシューズボックスも玄関回りを広々と使えます。
薄型でも収納力のたっぷりとある商品がありますので人気が高いです。
購入時に組立サービスを利用すると届いてすぐに使う事ができます。

↓フラップ扉の薄型シューズボックス
薄型シューズボックス

賃貸になると壁に穴を開けずに設置できるものが良いです。
地震などでも転倒の恐れがない低いタイプの下駄箱は
お子様にとっても、使い便利も良くて良いです。

壁に穴を開けたり固定しないタイプの下駄箱で
組み立て式のものだと退去時に撤収しやすいですから簡単です。

狭い玄関回りなので空間にピッタリと合う下駄箱を探している方に
サイズが選べるセミオーダーラックの奥行き29.5cmタイプが
選ばれています。(内寸が27cmくらいになります)

セミオーダー下駄箱 セミオーダー下駄箱

マンションオーナーが下駄箱を選ぶ場合

安くてしっかりしたアフターを持っているメーカーの下駄箱を
利用することにより、何室かの下駄箱をそろえる事も出来ます。
また何台かまとめて購入すると割引も可能かもしれません。

すぐにモデルチェンジしたり、すぐに廃盤になる下駄箱より
いつでも品揃えしているメーカーの商品を選ぶ事により
急な退去時の下駄箱交換にも対応が出来ますので
定期的に購入できるものを選ぶようにします。

アパート用下駄箱を選ぶ際のポイントまとめ

  1. 狭い玄関スペースを広く見せれるもの
  2. 退去時に撤収しやすいもの
  3. 圧迫感のないもの
  4. 薄型のもの
  5. 壁に穴を開けずに設置できるもの
  6. サイズがぴったり合うもの

マンションオーナーの場合の選ぶポイント

  1. 部屋の数の下駄箱を量産できるもの
  2. 借り主が退去時に交換する際、定期的に追加購入できるもの


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ