アジャスターを使って斜めの床に家具を設置する方法


こんにちはオーダー収納組み立て家具Hikaricraftです^^

⇒ オーダー収納家具に関する問い合わせはこちら

家具を設置する際に床が斜めになっていることがあります。
そこに家具を置くと高さがあればあるほど
斜めになってしまいます。

今回はアジャスターを使った床の勾配を調整する方法を紹介します。

斜めの床に家具を設置する方法

アジャスターは高さを調節する物ですから、
高さ調節できる物を選びます。

家具の底に鬼目を打ち込んでそれにアジャスターを取り付け
て高さを調節します。

鬼目とアジャスターのボルトの径があう物を用意して下さい。
まず鬼目ですが、叩き込みタイプとねじ込みタイプがあります。
叩き込みタイプを選んだら、
それがぐらつかないように下穴を調節します。

大きな穴を開けると鬼目を入れやすいですが、
あとからアジャスターがぐらつくので
下穴のサイズは注意して開けます。

ノギスで叩き込み部分の径を測ってそれと同じか
小さい下穴にして下さい。叩き込みは金づちを使って叩き込みます。

ねじ込みタイプの鬼目を使う場合は下穴を開けるとき、
何か他の要らない材料に開けてみてねじ込んでみて
穴が適当か確認してから開けてください。

間違ってしまうと取り返しがつかなくなります。
長さは鬼目の長さはもちろんですが
アジャスターを入れたときにつかえないように深めにあけます。

下穴の深さが浅いとせっかくの調節機能がつかえなくなります。
四隅に4つ取り付けたら家具を設置してみて、
アジャスターを調節して家具が水平になるようにします。


手作り・DIY ブログランキングへ

⇒ DIYやガーデニングに関するグッズはこちら





このページの先頭へ